イベントでおねーさん(コンパニオンさん??)を撮影時に気づいたこと

以前の日記 去年の今頃に上の記事を書いていますが、この一年で気が付いたことが有るので ここに書いておきます。 撮影する時にパドックとか旗配りやアンケート係している時が有るんですよね。 こんな時は声掛けやすいんですけど、それは皆さん同じ条件ですよ。 顔見知りや親しいカメラマンさんと談笑しているときに 黙ってシャッター押す人が居るんですけど 結構、怖い顔しているおねーさんが居ます。 これは見てても怖いです。こっそり、シャッター切る勇気もないので 私は見ているだけですけど、ちゃんと撮影出来る人は、談笑中でも 「良いですか?」 みたいな声を掛けてるんですよ。これは見習わないと駄目ですね。 私にはとてもじゃないですけど、真似できませんけど。。。。 ほんと、見てるだけが増えてしまいました。 まだまだ、作法と言いますか、ルールが判っていない事の方が多かったです。 ただ、撮影タイムとかでやったらいいのは判ってきました。 人が群がっている所で最前列を横に移動する人が居るんです。 これは辞めた方が良いみたいですよ。 確かに3人ぐらいのおねーさんが横に並んで立っている場合 横に移動した方が効率良く撮影出来るとは思うのですが 前に居た人にすると割り込まれたと思うだろうし(これは想像) 先頭で仕切っているスタッフさんがここまでって決めている場所より 前に出ることになりますから、スタッフさんの邪魔をしていることになります。 こんな状況の時も後ろから見ていると、出来る人は撮影が終わると 「下がります」 とか声を掛けながら後ろに下がり、また、違うおねーさんに近いところの カメラマンの人混みに入っていきます。あれがルールだと思いますね。 ただ、最近は前にも記事にしたと思いますが、動画を撮る人が陣取って なかなか動いてくれない人が多いですよ。スタッフさんが入れ替わってください。 とか注意しても全然動かないですよね?? 動画という性質上しょうがないとは思うのですが、あれはどうかと思いますよ。 たまに、動画禁止ってところもありますが、判る気がします。 動画の人は動かない。これは覚えていた方が良いと思います。 時間の短いピットウォークなどの場合、動画の人たちが集まっている時があります。 その時は速やかに他のピットに移動した方が良いと思います。 その方がスムーズに撮影出来ると思います。ほんとに。 その後、その撮影しなかったピットに戻ってみると、意外と人が減ってたりする時が 有るんですよ。有名なピットでは人が減ってることは無いんですけど でも、前が空かないって待っているよりは、ウロウロした方が良いと思いますよ。 さて、こんな事をつらつらと書いていきましたが これは自分自身にも言い聞かしています。 今度、イベントで撮影することが有ったら ここに書いたことを思い出すようにしたいと思います。 次のイベントって何だろう??何かイベントあったかな?? しばらく、無さそうですが忘れない様にここに記述しておきます。
「ポーズ・光・色」が最高の表情を作り出す ポートレート写真術 (こんな写真が撮れるのか!シリーズ)

この記事へのコメント