今城塚古墳 継体天皇陵??



今度は今城塚古墳に行ってみました。
勿論、埴輪工場公園で見つけた史跡カードを貰うためです。
ここまで来ちゃうと歩いて行けると思ったら動いてしまってました。
この今城塚古墳の横にある今城塚古代歴史館という建物の受付で
「カードください」と声を掛けると埴輪工場公園のカードとこの今城塚古墳のカード
2枚を頂くことが出来ました。

まだ、コンプリートするチャンスはありますか??

なんて聞いてみるとまだまだカードはありますよって教えていただきました。
ただ、期間限定のカードが2枚あるのでそれを集めることはもう出来ませんって
逆に謝られてしまいました。余計なことを聞いてしまったようでした。
でも、この期間限定カードっていうのも12月の1週目までだったんですよ。
確かにもうちょっと早くこのカードの存在を知っていたら
急いで集めていたでしょうね!!残念です。

ただ、8枚を集めてもコンプリートカードを頂くことが出来るので
ちょっとずつ、集めていきたいと思います。ただし、この通常のカードも期限があって
来年の3月まででカードの在庫が無くなり次第終了です。
出来るだけ早くに行動を起こさないと無くなっちゃいますよ。要注意。

古市・百舌鳥古墳群のカードも在庫が無くなり次第終了なので慌てますねぇ。
どちらを優先させるか非常に悩んでしまいます。

カード集めって意外と動画にしにくいですし、すでに「古墳系」の動画ばかりに
なりつつあるような気がします。せっかく、バイク系の動画が増えてきて
ジャンルが統一されつつあったのですが、駄目ですね。寒いから仕方がないか??

さて、この今城塚古墳ですが、継体天皇陵と専門家の中では考えられています。
宮内庁さん的には近くにある古墳を継体天皇陵と指定していて
指定を外すこともないようです。

指定されていないので発掘が進み、作られた年代が継体天皇の時期に
あっていることも確認出来たそうです。逆に継体天皇陵に指定されている古墳は
100年ほど時代が若いそうです。この点からも疑われているんでしょうね?

そして、この今城塚古墳なんですが、織田信長さんが摂津攻略に使用された
砦跡でもあったのです。このため、この古墳は荒れているのだと
考えられていたそうですが発掘によって、その後に発生した伏見大地震のために
丘が崩れたため荒れた古墳に見えていたと言う事が判ったそうです。

そんな歴史がありつつ、ここまで埴輪を周囲に置いたりして
今は綺麗に復元されて良い公園になっています。
横には歴史館があり、古墳や埴輪についての知識が付くようになっていて
良い環境ですよ。一度は見に来ても良いんではないでしょうか??

古墳の上をザクザク歩くことが出来るのも良かったです。
完全に復元された古墳の上を歩くことはあったのですが、こんなに木や草が生えている
古墳を歩いたのはほんと初めてでした。

草むらの陰から古代人や戦国時代の武将さんが覗いてそうで
ちょっと日が暮れてからは歩くのが怖そうで、草むらの中を早足で歩いてしまいました。
そして、前方後円墳の首のところに出っ張りがあって
そこで儀式などを行っていたというのは、ここの説明で初めて知りました。
他の前方後円墳を見に行く時も、この辺も見ていきたいと思います。

ただ、調べていくとこの古墳は継体天皇が亡くなる前に完成していたという話も
あるようなので特殊な形をしているのかもしれません。

なかなか、古墳だけでも奥深いところがありますね。
史跡や戦跡を動画にしていこうとちらっと思っていただけですが
このシリーズの中でも古墳が一番多くなってしまいました。

古墳、探せば結構ありますもんね?
ただ、知識が足りない。勉強不足です。今更ですが、日本史勉強しておけばよかったと
考えています。

最近の史跡系動画は仕事の待ち時間に慌てて撮影している感が多くあり
ゆっくり説明出来るような動画を心掛けるように注意したいと思います。

これからもよろしくお願いします。
チャンネル登録やいいねをよろしくお願いします。
動画つくりの糧になります。ほんとに。


新・古代史謎解き紀行 継体天皇の謎 信越東海編

この記事へのコメント