新選組?壬生浪士組?の足取りを歩いてみました 蜆橋

今回は壬生浪士隊??壬生浪士組??の足取りを追ってみました。
新選組になる前に、大阪守護職??か大阪奉行所??の依頼により
浪士の捜索・調査・逮捕を行うために、大阪に来た時の足取りです。
この時に捕縛された浪人の話も別にしていきたいですね??



今回は新選組側の動きを見てみました。
八軒家船着場近くの宿から動画は始めました。ここに新選組さん達は宿を取って
仕事を行っていたのですが、仕事が終わり、慰労??のための船遊びを行います。

八軒家船着場から船を出し川を下り始めます。今の北新地の傍にあった
真鍋河岸の近くに来た時に斎藤一さんが腹痛を訴えて上陸することになります。
ここから新地方面に歩いていき、休憩できる場所を探したとなっています。

この河岸から新地に行くように歩いていると昔は橋を何度もわたることになるようです。
橋が多い。一般の町と違い、色町や賭博場は政府??自治体??が管理したくなるのは
今も昔も同じなようで橋の幅も狭かったようです。

新地に入る橋で新選組と大阪の力士とが橋の真ん中で対峙し、道を譲る、譲らないで
一悶着あったのですが新選組側が鉄扇で叩き、その場は力士側が道を譲って
話は収まったようです。鉄扇ではなく、脇差でのみねうちという話もあります。
この場所が「しじみばし」や「蜆橋」って言われる場所です。

その後、新地に入っていった新選組は遊郭で酒宴を開き楽しんでいたそうなんですが
表がどんどん騒がしくなって来たと思ったら、店主が酒宴の場に走りこんできます。

店の前には力士が30人ほどが集まっており
今でいうところのお礼参り??みたいな感じで、再戦を要求していたんでしょうね?
この姿をみて新選組側も次は命がないぞ!!みたいなことを叫びながら
乱闘に入ったようです。小説やドラマなどのイメージが入り混じって
どこがどうなるのか、ちょっとうろ覚えというか、出典が言えない状況ですが
こんな感じで始まったんだと思います。

死者・重軽傷者が出る乱闘になったのですが、力士側・新選組側双方から奉行所に
騒動の届けが出され喧嘩両成敗な感じになるのですが、大阪奉行所の人物が
のちに暗殺されてしまいます。結局のところ犯人は判らないのですが
新選組と言われています。大阪奉行所の聞き取りなどが新選組側にだけ
強く当たっていたため、その態度に不満を持った新選組の動きにより
暗殺されたというのが通説になっています。

与力の乗っていた籠から引きずり出して数人で殺していますからね?
小説・ドラマ的にもこのような犯人像を上げている方が面白いですし。

坂本龍馬も脱藩して薩摩の密偵だっただけなのに、小説で取り上げられただけで
この人気ぶりですからね?小説・ドラマで作られる歴史も木っとあるのですよ。

動画ではここまでにしています。
今考えると、ちゃんと奉行所跡などにも行っておけばよかったとちょっと反省です。
撮影に行くまでは新選組関係の施設とばかり思っていたので
この蜆橋事件としての動画を作ろう!!って動いたわけではなかったので
遺構・史跡がちょっと中途半端ですよね。今後、気を付けます。

この動画に撮影している場所以外にも、大阪メトロの谷町九丁目にも移動して
新選組屯所跡にも行っているのですが、これはまた、別の動画にしました。

こちらの動画もぜひ見て頂けたらと思います。
そして、チャンネル登録やいいねボタンをお願いします。
動画つくりの励みになります。

そうそう、この動画を撮影した場所を書いていませんでした。
大阪メトロや京阪電鉄の「天満橋」駅付近とJR東西線の「北新地」駅周辺です。
「北新地」周辺には大阪メトロや京阪の「淀屋橋」駅からも歩いて行けますので
気軽に見に行ってみてください。

大阪の史跡巡りって最寄り駅が難しいですよね。地下鉄って便利なようで
結構歩いていける距離に駅が密集していたりして、どのように回って見に行くかが
考えるのが楽しかったり苦痛だったりします。


新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX

この記事へのコメント