古市古墳群に 御陵印 もずふるカード を貰いに行ってみました

今回は古市古墳群を見学に行ってみました。
百舌鳥古墳群・古市古墳群、世界遺産に登録されたんですね。
近鉄を利用して藤井寺駅に着くと、横断幕があり、実感してしまいました。



世界遺産に登録されたことにより
もずふるカードがもうなくなってしまっていると思ったのですが
まだ、配布は行っているようですので、集めて回りました。

もずふるカードというのは、古墳に掲げてある看板や看板の無い古墳の場合は
その古墳を見たという証拠となる写真やGPSを使用した地図上のプロットの
スクリーンショットを、配布場所に決められている場所で確認してもらうと
古墳カードを貰うことが出来ます。

今回、私は看板が見つけられない古墳の場合、グーグルマップを利用して現在地の
スクリーンショットと古墳の写真を持っていきました。
勿論、看板のある、見つけることが出来た古墳については、その看板の写真を
持っていきました。

ここで注意しないといけないのが、カードの対象が古墳以外の図書館や
生涯学習センターなどもあることを忘れてはいけないと言う事です。

私は、古墳ばかりに目が行っていて、百舌鳥古墳群には
3回足を運ぶことになってしまいました。この古墳以外も対象と言う事を
覚えておかないと駄目です。

そして、このもずふるカードというのは、コンプリートするには
「近つ飛鳥博物館」という博物館に行って、この博物館のカードも揃えないと
コンプリート出来ないようになっていました。

今回の訪問で集めることが出来ると思ったのに、ほんとに残念でした。
しかも、この博物館、遠い。ほんとに、とおい。

しかし、今回の訪問で、初めて「御陵印」という物を頂くことが出来ました。
土日は貰うことが出来ないと聞いていて、今回、古墳群に訪問したのは
金曜日、日曜出勤をした時の振休を利用してみました。

この古市で頂くことのできる御陵印は17個。まだまだ、ほかの天皇陵を
訪問しなければならないようです。ただ、関西にあと残り3か所。
関東に残り1か所なので、集めることに難しい事は無さそうです。

近いうちに、残りの御陵印を頂きに行きたいと思います。

また、久しぶりにマンホールカードも頂きました。
平日の訪問だったので、市役所が営業していまして
藤井寺市のマンホールカードを頂くことが出来ました。

こんなに楽しむことが出来る地域なのに、近鉄などに乗り放題チケットのような
お得な切符が無いのです。その点が残念です。今後、お得に古墳群が見学できるような
お得な切符が出来ると良いですね。

そんな話をカードを頂くときにしていると、百舌鳥古墳群と古市古墳群を結ぶ
バスの運行がこの夏から始まっているそうです。たまたま、チラシが見つからず
乗り場とかを説明できるほど、教えて頂くことは出来なかったですが
そんなバスが運行されていると、両方の古墳を見やすくなると思います。

ただ、結構な数の古墳がありますので、両方を1日で見て回ると
有名な古墳だけ見ることになってしまうでしょうけどね。
この辺の選択が難しいと思います。カードが目的では無かったら
どの古墳を見るべきか、絶対、悩むと思います。

私はカード目的で、複数日利用して、楽をさせていただいたと思っています。

古市古墳群に来た時は、是非、御陵印も忘れずに貰ってみてください。
綺麗な印鑑でしたよ。





この記事へのコメント