阪急電鉄・京都線を使って 本能寺跡 茨木城門(復元) を見に行ってみました

今度は 本能寺の跡地に行ってきました。
阪急・京都線に乗っての行動となります。



今現在、私たちが見ることのできる本能寺というのは、本能寺の変ののち
豊臣秀吉さんが移築を命じたところに建てられた本能寺になるので
本能寺の変で戦いが行われたところではないのです。

実は私も最近、そのことに気が付いたので、足を運んでみることにしたのです。

その前に、茨木駅で下車し、茨木城の門も見に行ってみました。
小学校の正門が復元された門ということで、興味が湧いたんですよ。
この小学校、良い感じなのかなと思ったら、普通の鉄筋コンクリートでした。
だた、門の横に掲示されている説明文の中に、またしても、楠木正成さんの名前を発見!ほんとにこの人凄い人なんですね??

先の日記にも書いたような気がしますが、天皇のために大軍を前にしても
戦うことを辞めなかったと、明治新政府が持ち上げた人だとしても
凄い人なんだな??もう一度、その辺の歴史についても勉強してみようかな??
なんて、思い出しています。

大河ドラマでの武田鉄矢さんの演じた楠木正成さんのイメージがあり過ぎて
ちょっと、あれなんですけどね。余計にかっこよすぎるんですよね。
私の中では。。。。

そして、残念なことに、この門、復元されたのは知っていましたが
移築された本物が残っていることが、説明文によりわかりました!!
また、本物も見に行きたいと思います。

さて、話がそれてしまいましたが、本来の目的地、本能寺跡です。

場所は、阪急・京都線の北側、大宮駅と烏丸駅の丁度、真ん中ぐらいになります。
住所も「元本能寺」ってところにあります。住所がこんな名前って
かっこいいですよね?ちょっと、感動してしまいました。

今は、何かの施設と消防団の倉庫になってしまっているようでしたが
石碑がしっかりありました。建物の塀の角には道標の良なものもありましたし
しっかり、ここだってわかると思います。

ここで、織田信長さんは必至の防戦を行い、明智光秀さんは必死に
織田信長さんの首を探し回ったのかと、いろいろ考えながら
建物の周りを一周してしまいました。

この建物の周りは、非常に狭くなっています。
そして、歩道もありません。自転車・自動車に気を付けて歩く事を
強くお勧めします。

関西の史跡めぐりは、ここまでとなります。
関東の方へ転勤となりました。非常に残念ですが、これを機会に関東の方の景色も
見に行きたいと思います。

基本的に関東の歴史に疎いので、これから勉強となり、動画やこのブログのネタも
歴史からかけ離れた内容になってしまうかもしれませんが
暖かく見守っていただけると有難いです。

今後ともよろしくお願いします。

最後になりましたが、もし、この動画を見ていいなって思われた方が居られましたら
いいねボタンを押したり、チャンネル登録の方をお願いします。
動画作成の励みになります。よろしくお願いします。




この記事へのコメント