昨日のyoutube翻訳機能ちょっと期待外れかな?

今日は早起きしてしまいました。

なので、昨日記述したYoutubeの翻訳を使ったタイトルと説明の英語版を
翻訳Webサービスを使ってアップしている動画の半分ぐらいに設定してみました。
なぜ、半分なのかというと、この翻訳って機能でタイトルの英語版を作ってるのか
と思ったんですが、英語のタイトルと同じ文言で検索しても一切、検索結果に出てこないんですよね。
つまり、元の言語の日本語のみ検索に引っかかる様になってるみたいです。
これでは、英語圏の方にも見て貰おうと、若干野望を持っていたのですが、意味なしです。

どおりで、タイトルに日本語と英語、どっちも記述している人がいる訳ですよね。
短いタイトルでしたら、英語と日本語が比較出来て、おぉ、こんな英語になるのね
とか、感心していたんですが、長いタイトルだと英語が途中で切れてたりして
なんか、不細工に感じてたんです。日本語だけにしたら良いのにと思っていたんですが
この日本語・英語どちらもタイトルに記述する意味がやっと分かりました。

そうですよね。表示が切れていても、検索に引っ掛けることが目的だったら
全然問題ないですもんね。そっか、表示から切れるように、日本語と英語の間に
スペースを入れて表示させない様にすれば、見栄えも良く見えるのかしら??
とか、若干考えたんですが、そこまでしなくても良いかと軟弱な考えに
なってしまいました。

それでも、男ですか?軟弱者。

こんな感じで、叱咤激励してもらいたいものですが、どなたか実験してそうですし
ちょっと、ネットの世界にダイブしてみようと思います。
日本語では確かに、世界では検索されないですよね。




そうそう、今日もUSJの動画上げています。
ハロウィーンの感じを体で感じたかったんですが、雨は降ってくるし
何やら1年で1番人が多い週らしく、人混みに酔ってしまいました。

ほんと、どの食事のお店も並んでる。こんな状況はもしかしたら初めて見るかも
しれません。ハリポタエリアに入るのも抽選でした。映画見てないのに
デスイーター??との戦いのイベントは見てみたかったです。

この記事へのコメント

スポンサードリンク