YZFミーティングに参加してきました。寄り道は「エアパーク浜松」「ヤマハ・コミュニケーションプラザ」

私の乗っているバイク・YZFの全国ミーティングに参加してきました。

毎年企画していただく方や参加して話相手になってくださる方に感謝です。

私は2年ぶりの参加になるのですが、今年の参加台数には圧倒されました。
全てのシリーズが揃って、500台だそうです。確かに、中型が発売されたので
台数は増えるんでしょうけど、ここまでとはびっくりしました。

道中、エアパークとヤマハコミュニケーションプラザに寄ったんですが
どこでもYZFシリーズを見かけて、全てが参加者に見えるほどでした。
ってか、ほぼほぼ話しかけるとそうだったんですけど。

私の場合、体調があるので、待ち合わせなどにご同行できず、ソロでの参加
ソロでの撤退になったのがちょっと残念ですが、寄ったところでの会話があり
なかなか楽しかったです。

R1の初期型が結構参加されてて、エンジンのオーバーホールが部品欠品のため
出来ないなんて嘘だ!!って叫びたくなるほどでしたが、そこはこらえて
皆様綺麗にしてるのを1台1だい、しっかり見させていただきました。

あと、5VYも結構な台数が参加しててほっとしました。
最後の5バルブ、大事にしていきたいです。フェザー?FZ??が同じエンジンなんで
こちらはしばらく欠品は無いだろうと考えているんですが、細かいところが
結構変わっているらしく、油断できませんよね。

R125やR3、R25も普段しっかり見ることしないのですが、個人個人弄り方が違って
興味深かったです。

また、会場撮影にドローンまで駆使してて、こちらの機器にも興味があるので
まじまじと至近距離で見ることが出来、バイク以外にも収穫がありましたよ。

じゃんけんは相変わらず弱く何も頂けませんでしたが、満足し楽しめました。
ほんと、貴重な体験、時間をありがとうございました。





実はYZFのミーティングに参加する前に寄ったところが2か所あります。
一つ目が、「エアパーク浜松」です。別名で「航空自衛隊広報館」って本名があります。
ここには過去の戦闘機などの実機が展示してあり、フライトシミュレーターや
全天球型のシアタで戦闘機乗り視点での映像を体験できたりします。



先日「飛燕」に会いに行ったばかりなので、星形エンジンの飛行機が無性に見たくなり
「零戦」を見に行ったというのが正解なんですけど、久しぶりに「F2」や「T2」見ると
心躍りますね。

その前に、ネットで調べてて期待したのが、受付のおねーさんが別嬪さんらしいという事。
これは確かに別嬪さんでした。さすが、自衛隊です。変に感心しました。

他にも「F104」も見たり、もちろん「零戦」もしっかり見てきました。

そうそう、コクピットにも座ることが出来ます。
1機にそれぞれ担当の方が居られて、荷物を持ってくれたり、乗るのを手伝ってくれ
記念撮影もお願いできます。私は恥ずかしくてお願いできませんでした。

コクピットに座っても感動しますね。

「駄目だ、爆撃コースに入っちまってる。もう、逃げれねぇ!!」

とか叫びながら、「エリア88」ゴッコを楽しみました。
今考えると、こっちの方が恥ずかしいですね。絶対、担当してた方に聞こえてる。
しかも、パイロットスーツとヘルメット借りること出来るのに
自分のバイク用ヘルメット被ってですよ。恥ずかしい。



丁度、早期警戒機の離陸も見ること出来て大満足でした。動画の後半に入れています。
浜松基地外周道路でリヤタイヤが盛大に滑って、こけかけた事なんて忘れるに十分でした。

行き方は東名の「浜松西」インターを降りてほぼ直進し、右側車線を走っていると
「広報館」という看板が出ていますので、それに沿って行くと辿り着きます。
看板を見落としても、基地外周道路沿いなので迷うことはないと思います。

この次は、ヤマハコミュニケーションプラザへ

東名高速の「磐田」インターを降りて、左折、1号バイパス高架下を左折して
1号バイパスに乗り、次の「岩井」インターを降りて右折、イオンモールを過ぎて
ヤマハ正面玄関前交差点??を右折するとコミュニケーションプラザです。



入り口から入るとすぐに、8耐2連覇したところなんでYZFR1が飾ってありました。

そして、2階にはYZRが展示してあり、心ときめきましたが。。。
YZRM1が無いんですよ。1階にはモビスタカラーが展示してありましたが
どうもあれは、ホンダのイメージが強すぎて私は興味が湧かないんですよね。

やはり、2004年の開幕戦イメージのYZRM1が見たかった。ゴロワーズですよ。

だから、私のバイクも「ごろわーず」カラーってわけではないですが、ゴロワーズ
見たかったです。

あと、展示品に初期型のYZFR1がありました。懐かしい。今も身近にあるんですが
「オイル上がり」か「オイル下がり」で、もう、エンジンが駄目なんですよ。
オーバーホールするにも部品が欠品で出来ないそうです。非常に残念です。

今乗ってる5VYも最後の5バルブ、そして、ノリックが乗ってたバイク。
大事にしていきたいと思います。ここでは、あまり、ゆっくりせず
ミーティング会場へと移動しました。

この記事へのコメント

スポンサードリンク