神戸電鉄・神鉄道場駅傍にある古墳と城跡を見てきました。

神戸電鉄三田線の神鉄道場駅に行ってきました。

JRにも道場という駅があるために
電鉄名の短縮形??の神鉄が駅名の頭に
ついているんでしょうね??

この駅の傍には、復元された古墳2基があり
そばまで行けるということを聞いたのです。



駅の改札を出て、左に曲がるとすぐに
古墳の看板が出ていたので
迷うことなく、訪問する事が出来ました。

小さな円墳ですが、奇麗に復元され
また、ちゃんと整備されている感じがしました。

古墳の上にも行く事が出来ましたので
そこも歩いてきました。

丘の上にあり、見晴らしがよく景色がよかったです。
わざわざ、この景色がいい場所を選んで
お墓を作ったんでしょうかね??
亡くなった方への愛を感じましたね!!

そして、この古墳と神戸電鉄の線路を挟んだ反対側に
松原城??たんぽぽ城??蒲公英城??というお城の
城跡があったはずなんですが。。。。

なんと!!宅地造成されていました。

ネットで調べてみると、しっかり発掘調査した後に
造成工事は始まったみたいなんですけど
なんだか、寂しいですね。

歴史のあるお城で、豊臣秀吉さんが三田攻略時には
利用していたお城でらしいので
価値はあったんでしょうけど
宅地が必要な場合は、しょうがないんでしょうね??

ここは、古墳のある丘からは、低い場所にありましたけども
周りを山に囲まれて。景色もよかったので
お城としての価値は、あったものだと思います。

平地の中にある山の上って感じが特に
お城って感じがしました。

宅地造成のためにわざわざ
山を作ったんではないと思うんですよ。

さて、もし、ここで紹介した動画がいいなって思った方は
いいねボタンを押したり、チャンネル登録をお願いします。
動画作成の励みになります。よろしくお願いします。





この記事へのコメント