友が島に行ってきました

ひとつ前の記事でも話題にした南海電鉄・加太駅から
歩いて行ける桟橋に、友が島に行く事が出来る桟橋があります。



有名な渡船、一つしかない渡船だからかもしれませんが
道中の案内看板が不案内の場所もありますので
気を付けて歩いて行ってみてください。



電車でない場合も、渡船乗り場の前は
駐車場になっていましたので
自家用車での訪問も可能です。



さて、この渡船の売店では
友が島の見学には懐中電灯が必要として
懐中電灯の販売をしていますが
要所、要所には照明があり
懐中電灯がなくても見学する事が出来ます。



私は懐中電灯を購入したんですけども
当時の感じを経験したかったら
懐中電灯は必要ないと感じました。

それぞれの砲台跡などは
一度は見学しておかないと駄目かと思いますね。
ほんと、思ったよりはきれいに残っていました。

ただ、蜘蛛が嫌いな方は、ちょっと注意深く
前を見ながら移動することをお勧めします。

友が島の船着き場には、リスなんかもいて可愛かったですよ。

もし、これらの動画が良いなって思った方が居られましたら
チャンネル登録やいいねボタンをおしたりしてくださいね。
動画作成の励みになります。よろしくお願いします。




この記事へのコメント