伊賀越えの時に徳川家康さんが隠れていたという茂みに行ってきました。

今回は、徳川家康さんが伊賀越えの時に
潜んでいたといわれる茂みを見に行ってきました。



本能寺の変の時に、豊臣秀吉さんは中国攻めをしていて
有名な中国大返しをやっていますが
徳川家康さんは、大坂の堺に居ました。



街道沿いに三河まで戻ると
明智の軍勢が待ち構えていると
ならば、山を越えて逃げるか!!となった時に
道案内が必要だと。。。

その道案内の者が来るまで、隠れていたという場所です。
思ったより、あれでしたよね。茂みではなかったです。

大河ドラマでは、伊賀越え、コミカルに描いたり
シリアスに作ったり、なかなか、同じ行動なのに
パターンがいろいろありますよね!!

ここに住んでいた人たちは
のちに年貢を免除されていたりするそうです。

また、大坂の陣の時は、三河に逃げた道順と逆に
大坂に攻め上り、豊臣側の予想より早く
大坂を攻める体制を整えたりしているそうです。

ちょっと、先に書いたように
ほんとに茂みかと思っていたのに
ちょっと、住宅街すぎてびっくりしてしまいました。
うん

もし、この動画が良いなって思った方は
いいねボタンを押したり、チャンネル登録をお願いします。
動画作成の励みになります。よろしくお願いします。





この記事へのコメント

スポンサードリンク