中山寺周辺の古墳を見学に行ってきました

宝塚の中山寺周辺を散策してきました。
今回の散策の目的は、古墳見学です。



もともとこの中山寺の手水舎は
古墳の石室を使用していると言われていますし
この中山寺の背後にある山々には
古墳群と言われるものがあり
昔、この山で夜景を見に行くのに
途中、古墳群跡に寄ったりしているのです。

今回の目的地は、中山寺の中にある古墳と
中山寺の近くにあるマンションの横にある古墳です。

中山寺古墳と中山荘園古墳と言われています。

中山寺古墳は名前の通り、中山寺の中にあり
直ぐに見つける事が出来ました。

外から覗くことが出来、普通の古墳です。
白鳥塚古墳やら石のカラトなどと
呼ばれている時もあります。

墳丘の形は判りませんが横穴式石室となっています。

中山荘園古墳は地名の通りの名前が付いていました。
中山荘園にある古墳なので
中山荘園古墳と名前が付いているようです。

こちらの古墳は八角形の形をしており
八角墳と言われるものです。
天皇陵クラスでないと、この形の物は作られず
普通は方墳が作られていた時代なのですが
埋葬されている人物は特定されていないようです。

このような所に、そのような特異点がある
古墳があるとは思って要らず
今回の散策での大きな収穫となりました。

ここは見晴らしも良く、埋葬された方も
この景色を楽しんでいたんでないかな??
なんて思いながら、景色を楽しんでしまいました。

ただ、ここ、ほんとに普通のマンションの横で
そのマンションの敷地内の公園に
隣接しているんでしょうか??

ちゃんと、古墳を見学しているんだよ!!アピールを
しておかないと、かなりの不審人物をみるような視線を感じました。
公園からではなく、マンションからも怪しい視線を感じました。

訪問されるときには、気を付けてくださいね!!
古墳見学アピールです!!

もし、この記事に貼っている動画が良いなって思われた方は
良いねボタンを押したり、チャンネル登録をお願いします。
動画作成の励みになります。よろしくお願いします。





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

スポンサードリンク