平安京跡・塩小路若山城跡発掘調査市民向け現地説明会に行ってきました

久しぶりに現地説明会に行ってきました。
流行り病のおかげで、人が集まる事が
許されない時代が二年ほど続きましたもんね!!



今回は、京都に行ってきました。
場所は京都駅のちょい北にある場所です。
お土居もあったみたいなんですが
すっかり均されて
マンションやホテルが立ち並ぶ
街中での説明会でした。

まだ、流行り病の余波と言いますか
そんなに人は集まらないんだろうな??って
思っていたのですが、そんなことはない。

説明が始まるころには密な感覚になっていました。
おかげで、出土品の説明のところは
面白おかしく説明して頂いていたんですが
良く聞こえない部分があるという。。。
でも、何度も同じことを説明して頂いたので
自分の知識を深める事が出来ましたよ。

さて、メインの説明会は
出土した溝の西側と東側の違いを中心に
水の流れなどから推察する
弥生・古墳時代から鎌倉時代辺りまで
今、放送されている大河ドラマなんかに絡めながら
これまた、面白可笑しく説明して頂きましたよ。

お土居迄入れてしまうと、戦国時代までですね!!

聞いてて飽きないし、こんな発見をしましたって
ほんと、判りやすい説明でしたよ。

京都の土地の事、もっと知らないと駄目ですね。
私、奈良も京都もあまり詳しくないことに
今度の説明会に参加してみて思いました。

話しかけてくれた方がいろいろお話してくれるのに
ほとんど理解できませんでした。ほんと残念。

これから時間を掛けて覚えていこう!!

そうそう、今回参加した現地説明会はこれです。

https://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000299369.html

平安京跡・塩小路若山城跡発掘調査市民向け現地説明会の開催について

このページのPDFファイルになっている資料を見て頂けると
今回の説明会の概要は判るんじゃないかな??
なんて思います。

さて、ここで紹介しました動画が良いなって思われた方は
良いねボタンを押したり、チャンネル登録をお願いします。
動画作成の励みになります。よろしくお願いします。




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

スポンサードリンク