阪急電鉄・王子公園駅周辺を散策してきました 拱橋 神戸臨港鉄道跡

前回、高射砲陣地跡を探しに行くのに
阪急電鉄・神戸線
王子公園駅から北上して
散策してきましたけど
今回は南側へ足を延ばしてきました。



阪急電鉄・神戸線の高架には
アーチ形になっている場所が有るんです。

以前、ねじりまんぼなどのトンネル・隧道を
探している時から、気にはなっていたのですが
やっと、見に行くことが出来ました。

三か所あるようでしたので
そのすべてを見に行くことが出来ました。

王子公園駅から線路??高架沿いを
三ノ宮方面に歩いていると
全てを見る事が出来ます。



実際見てみると、綺麗なアーチ形でした。
高架と道路が直角には交差しておらず
微妙な角度で交差しているので
捻じれて見えてしまうところもありました。

もっと、色々な角度で撮影したかったのですが
下校時間と重なってしまったみたいで
学生さん達が一杯いて、撮影出来る角度が
限られてしまいました。

原田拱橋(土木遺産)
土木学会推奨土木遺産「阪急電鉄神戸市内線高架橋」
灘拱橋(土木遺産)

と、グーグルマップでは表記されています。
拱橋は、きょうきょうと呼ぶみたいですね??

ほんと、綺麗に塗装もされていたので
綺麗でした。また、橋の両脇の石造りの部分も
歴史を感じられてよかったですよ。

そして、灘拱橋を見てから、南に下ると
って、そこに至る途中に
古墳が有った事を記す石碑がありました。

割塚古墳

とありました。ほんとに、住宅街の中に
石碑だけがあり、古墳が有った事だけが
判るようになっています。

そして、南に下って行くと
神戸臨港鉄道の煉瓦橋台という物がありました。
これもグーグルマップの表記そのままに
書かせていただきました。廃線跡って奴ですね。



今までも、あちこちの廃線跡を歩いてきました。
そのほとんどが、遊歩道になっていましたが
ここも遊歩道になっていました。

線路跡が高台になっているため
崩すことを諦めて、そのまま遊歩道にしたのかな??
なんて思える遊歩道でした。

この遊歩道を歩いていると
途中に線路などがモニュメントとして
保存されていました。

ただ、これらは雨ざらしでしたので
そのうち、朽ちてしまうんでしょうかね??
意外と線路って残ってそうですけどね。

そして、この遊歩道の海側の終点は
公園になっており
小野浜町煉瓦下水道と神戸臨港鉄道架道橋
という物が移設されていました。

鉄道が有った事を実感できる散策となりました。
そして今回は、鉄道に関係ある
遺跡??史跡??遺構??を巡る事が出来
満足できる一日となりましたよ。

皆さんも是非、一度、訪問してみてください。

さて、もし、この記事で紹介している動画が
良いなって思われた方が居られましたら
良いねボタンを押したり
チャンネル登録をお願いします。
動画作成の励みになります。
よろしくお願いします。




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

スポンサードリンク