「歩兵第九聯隊乃跡」の石碑と「若鷲の碑(大津陸軍少年飛行兵学校跡碑)」

京阪電鉄・大津市役所前駅周辺を
散策してきました。

目的地は「歩兵第九聯隊乃跡」の石碑と
「若鷲の碑(大津陸軍少年飛行兵学校跡碑)」
です。



もうちょっと、下調べを行ってから
訪問するべきでしたね。

いつもこんな事を言うている気がしますが
ほんとに、今回は陸上自衛隊のイベントを
見学するついでに寄らせてもらったのですが
道中に天皇陵参道なんていう石柱を
見つけたりしたのです。

また、今度、訪問した時には
この近くにあるという
弘文天皇 長等山前陵
訪問したいと思います。

壬申の乱で敗れた方で
明治時代に整備された陵墓という事で
実際にこの地に葬られた方ではなさそうですが
御陵印を集めた者としては興味が尽きません。



さて、今回の訪問の目的地ですが
祖父が何かの折につぶやいた言葉が有るのです。
それがふいに思い出された文言をグーグルマップで
見つけてしまったのです。

第九聯隊

祖父が何かの時に
「またも負けたか8連隊、それでは勲章9連隊」
って言うたんですよね。

勲章くれんたい

8聯隊は弱かったイメージが有ったみたいです。
実際、第八聯隊を調べてみると
そこまで負けこんだ感じはしていないんですよね。
その比較された九聯隊の石碑!!って事で
見に行ってきました。

綺麗に整備されているのは周りだけで
石碑は植えられた草木で文字が見えませんでした。
でも、見る事が出来て感動しましたね。

因みに父も第四師団を嫌ってました。

亡くなる前に、そんなに関西が嫌いなのか
聞いてみたらよかったですね。

そして、その近くにある
「若鷲の碑(大津陸軍少年飛行兵学校跡碑)」
です。

行く手前には「校訓」なんてものが
飛行服を着たモニュメントと共にあったりして
ちゃんと整備されていました。

地面は猪に掘られたような跡がありましたけどね。
こちらは綺麗に整備されていました。
なんか、どっちも綺麗にしたらいいのになぁなんて
思ってしまいました。

どちらの石碑からも琵琶湖を眺める事が出来
どんな思いを持ちながら
ここで教練などを受けていたんでしょうか??

この石碑の近くには高校がありましたけど
多分同じような年齢の方たちが
学んでいたんでしょうね?

平和な時と不安定な時代
同じ琵琶湖でも見え方は違っていたと思います。

さて、もし、この記事で紹介している動画が
良いなって思われた方が居られましたら
いいねボタンを押したり
チャンネル登録をお願いします。
動画作成の励みになります。
よろしくお願いします。




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

スポンサードリンク